読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大事なのは楽しむこと

半年後の目標はありますか?

上手いPG(ポイントガード)とは??

まず言っておきたいことが、自分はドリブルがそんなに得意ではありません。

なのでボールのないとこでディフェンスをふりきって、フリーになったとこにパスをくれないと自分の得点はほとんど伸びません。

なので自分にとってPGとゆうポジションはとても重要です 笑

 

では上手なポイントガードの条件とはなんでしょう??

ドリブルが上手なだけでなれますか?

 

  1. 早くフロントコートにボールを運べる(パスできる)
  2. 声が大きいこと
  3. ボールを持ちすぎない
  4. 最小限のドリブルで済ませられる
  5. みんなが困ったときに最後に一対一で勝負できる
  6. 一番簡単なシュートを見方に打たせられる(選択できる)

 

などが自分がよく感じることです。

 

  1. 「早くフロントコートにボールを運べる(パスできる)」というのはアウトナンバーを作りやすくするためです。相手がディフェンスの形を整える前に攻めてしまえば簡単に攻めれますし、得点率も上がります。いわゆる速攻ですね。
  2. 「声が大きいこと」これもすごく大事で、チームに覇気も与えますし、ガードはコート上では監督みたいな立場ですから、大きな声で味方に指示を伝えるためには大事なことだと思います。
  3. 「ボールを持ちすぎない」
  4. 「最小限のドリブルで済ませられる」この二つは類似しているので、まとめます。味方のボールタッチの回数が減ってくると、不安になったり、シュートタッチにも影響があると思います。試合中に何回かボールを触っていくうちに感覚が良くなって調子が上がってくることがあります。
  5. 「みんなが困ったときに最後に一対一で勝負できる」ポイントは最後です。みんなに気持ち良くプレーしてもらって、それでも困ったときに最後に決められることが、うまくチームとして機能する為に必要なことだと思います。
  6. 「一番簡単なシュートを味方に打たせられる(選択できる)」要は確率論です。無理な体勢でシュートを打つか、フリーの人に打たせるのか。スリーを狙うのか、ゴール下に合わせるのか。常に的確な判断がすぐできることが大事だと思います。

 

 他にも、HOOP DREAMSさんの上手いPGとしてのスキルを紹介します。

 




確かにな~!と思うことばかりです。

自分も身長がそんなに大きくはないので、ガードというポジションも練習しないと 汗なんせドリブルが苦手、、、、いや、練習はしてるんですよ?